• Home You are currently viewing the category: 未分類

業者に依頼すれば安心

アンテナ工事を正確に安全に行うためには、やはり専門の工事業者さんにお願いすることが、結果的に良いのです。アンテナ設備の選択もお任せできます。何よりも、自分の住んでいる場所が、キチンと地デジの電波が届くがどうかを把握することから始まります。

専門業者さんであれば、電波の状況が強い強電界エリアなのか、それとも屋外工事が必要な中弱電界になるのかを計測して把握することができます。そうすることによって、屋外工事が必要なのかどうかを判断してくればます。その結果、屋外工事が必要性が分かれば、取り付け場所も検討しながら、設置することととなります。屋根の上に設置することになれば、専門の業者さんでなければ、対応は難しいでしょう。

一方で、宅内側の工事も必要になってくることもありえます。それは家の中のケーブルが長かったり、電波の減衰対策が必要になるからです。また、テレビが1台だけではなく、複数台の場合でも特殊な機器が必要になります。減衰する電波を強くするブースター(増幅器)や電波を分ける分波器を用いることになります。

これらの機器代は高くはありませんが、安定した電波レベルをキープするには、適切な工事が必要です。屋外のアンテナ工事から屋内の工事まで、トータル的な品質を保つためにも、専門の業者さんにお願いすることが最善の策と言えるのです。

参照ページ「アンテナ工事専門業者・棟梁ドットコム


自分で取り付けはできる?

アンテナ工事は簡単なレベルだと自分で取り付けることも可能です。屋内アンテナだとテレビの上には置くなり、窓際に置いて、映像の良し悪しを見ながら、アンテナの向きを変えるだけです。しかし、電波の弱いエリアであれば、奥外に設置しなければなりません。個人レベルでできるアンテナ工事と言うと、ベランダの柵に取り付けるレベルでしょう。

しかし、それでもある程度は専門的な知識が必要になってくることは間違いありません。地デジ放送波の向きや、電波の強さによって、どんなアンテナを選ぶも考えなければならないからです。しかも、宅内の工事まで必要になるのであれば、厳密には電気工事の資格も必要ですし、どのように宅内のケーブルを引き回せばよいのか、専門的な知識が必要となります。

余程、テレビや映像の知識がなければ、難しいケースも少なくないのです。住む場所によっては、すでに宅内のケーブルの引き回しが完了しているケースも多いので、アンテナ工事だけで済むこともありますが、それでも屋根に付けるような大規模で本格的な工事は、自らが行うことはハードルの高い方法です。ましてや、怪我をしてしまうリスクも否定できません。アンテナ工事ではなく、宅内設置レベル程度が個人でできる取り付けではないでしょうか。


費用はどれくらい?

アンテナ工事をしようとするなら、どれ程の費用がかかってくるでしょうか。一概に言うことは難しいのですが、一般的には数千円~5、6万円という幅がありそうです。環境によっては、10万円を超えることもあります。何故、ここまで幅広い金額になるのかと言えば、住む場所によって、放送波の届きにくい場所もあるからです。全ての場所において、地デジの電波が届きやすい良好なロケーションだということではないのです。

電波が強いエリアであれば、数千円レベルの室内向けのアンテナでも、地デジの放送波を受信することができるので、本格的な工事は不要です。しかし、電波の弱いエリアであれば、感度の良いアンテナを屋外に設置する必要が出てきます。この時は、アンテナ自体も数万円の価格なので、工事費用を加算すると、3万円~5万円程度の費用になると思われます。

また、屋根の上に設置しなければならないのであれば、風対策も含めて、より効果になってきます。一方で宅内の工事も必要になってくる場合もあります。アンテナから宅内の同軸ケーブルの距離が長ければ、電波が減衰し、テレビの映りが悪いケースも予想されます。対策法として、ブースターと呼ばれる増幅器をケーブルの途中に入れ込むことも必要なのです。そうなると、費用がますます高くなってくるのです。


テレビのアンテナ工事

今のテレビ放送は地上デジタル放送ですが、全国でもケーブルテレビが増えており、映像ケーブルを宅内に敷くことで、地デジ放送が見えるようになります。したがって、個人でアンテナを設置する機会が少なくなっているのかもしれません。若い世代の人は、電源コンセントをつなぎ、スイッチをオンにするだけで、番組を見ることができると思っている人が少なくありません。スマホでも簡単にワンセグを見ることができるので、ますます誤解が生まれているような感じがするのです。

しかし、新居に引っ越したり、学生になり一人暮らしをはじめた時に、初めてアンテナ工事が必要になることを知る人もいます。地上波デジタル放送の番組を見るためには、放送局から送信されている放送波を受けるための受信アンテナが必要になります。それがアンテナ工事です。

アンテナで受けた放送波を宅内では、同軸ケーブルを通して、その先につながるテレビに映像が映し出されることになるのです。したがって、自分の住んでいるエリアにケーブルテレビ会社がなかったり、あったとしても月額費用がかかるのであれば、自宅にアンテナを立てて、テレビを見る方が断然、お得なのです。アンテナ機器や工事費用はかかりますが、設備ができたなら、月額費用はかかることがないのですから。最近は、インターネットでも地デジを見ることができるサービスもありますが、それでも毎月の費用が必要になりますので、やはりアンテナ工事を考えた方がメリットが大きいのです。